2012年01月01日

アフィリエイトの税金

アフィリエイトによる所得が38万円以上(サラリーマンの方は20万円以上)の方は税金を納めなければなりません。

所得とは収入(報酬額)−経費−控除なので、その報酬を得るのにかかった経費と控除額を差し引いた残りが課税の対象となります。

実際にどのくらい税金を納めるのか?

■所得税

▽195万円以下
5%・控除額0円
▽195万円超〜330万円以下
10%・控除額97,500円
▽330万円超〜695万円以下
20%・控除額427,500円
▽695万円超〜900万円以下
23%・控除額636,000円
▽900万円超〜1,800万円以下
33%・控除額1,536,000円
▽1,800万円超
40%・控除額2,796,000円

■住民税
一律10%

■個人事業税
▽290万円超(青色申告特別控除適応外)
3〜5%(業種別)
※課税事業に該当しなければ、払う必要ない

納めなかった場合は?

加算税15%⇒申告しなかった場合に掛かる。
重加算税35%⇒意図的に隠したり、特に悪質な場合に掛かる。

*加算税(重加算税)は本来の税金に対して。
本来の税金+加算税(重加算税)、これに年数×14.6%の延滞税が掛かる。

 ↓↓アフィリエイトで稼ぐ秘訣↓↓
posted by 申告マニア at 18:04| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑所得と事業所得

アフィリエイターの確定申告には2種類の方法があります。
まず一つ目は雑所得として申告をする方法で、もう一つが事業所得として申告する方法です。

継続的にアフィリエイト収入を得ない場合は⇒雑所得
継続的にアフィリエイト収入を得る場合は⇒事業所得

雑所得では必要経費が限られてしますが、事業所得だと結構認められるし、青色申告の場合に限って最大68万円の控除(詳細はこちら)を受けることが出来るので、事業所得での申告をお勧めします。

確定申告書はこちらで作成して、郵送(直接税務署でもOK)で3月15日までに送れば終わりです。

*事業所得として申告する場合は個人事業の開廃業等届出書(以下開業届)を出す必要があります。(無料)

*開業届けについて記入例

職業⇒Webサイト運営業、ネット広告業など

屋号⇒会社名のことですが、なんでもOKです。

青色申告承認申請書⇒青色申告する場合は「有」

事業の概要⇒HPの運営、制作、企画など

給与等支払いの状況⇒アフィリエイト専業で同居の家族がいる場合、「専従者給与」という名目で節税できます。(要届出)

 ↓↓アフィリエイトで稼ぐ秘訣↓↓
posted by 申告マニア at 17:04| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白色申告と青色申告

開業届を提出して個人事業主になった人の確定申告には以下の3つの方法があります。

@白色申告
A青色申告(10万円控除)
B青色申告(65万円控除)

ここでの控除とは収入-必要経費-基礎控除(38万円)-(10or65万円控除)となります。

例えば収入が200万円で、必要経費10万円だったとしたら200万円-10万円-38万円=152万円が所得になります。なので白色申告の場合だと152円が課税所得金額になりますが、65万円控除の場合だと152万円−65万円=87万円が課税所得金額になります。

なのでBの青色申告(65万円控除)が一番税金が安くなるってわけです。

じゃあなんで、みんな青色申告(65万円控除)にしないのか?

それは、Bの青色申告(65万円控除)を受けるには、確定申告書の他に複式簿記による記帳、貸借対照表、損益計算書、領収書等などを提出しなければなりません。なので、初めての方には正直面倒なことだと思います。今後も継続的に収入があるのであれば、面倒でも65万円控除で申告した方がいいです。自分では無理と言う方はやよいの青色申告12を使ってみてください。

@白色申告では、単式簿記での簡単な記帳でOKなので、特に苦労することなく申告できると思います。その代わり、青色事業専従者給与とか純損失の繰り越しとかの青色特権が使えません。

A青色申告(10万円控除)でも、白色と同じ単式簿記での記帳方式で申告できます。しかも、10万円の青色申告控除の他に青色事業専従者給与や赤字の繰り越しなどの特権も使えるので、面倒な申告は嫌だけど税金はなるべく安くしたい人はこの青色10万円控除で申告するといいでしょう。

*青色申告する場合は開業する時に所得税の青色申告承認申請書という書類を提出する必要があります。

*青色申告承認申請書の届け出には
1月1日〜1月15日までに開業⇒その年の3月15日まで
1月16日以降に開業⇒開業日から2ヶ月以内という制限がありますので注意してください。

*白色申告から青色申告に切り替える場合は、青色申告の承認を受けようとする年の3月15日まで。

 ↓↓アフィリエイトで稼ぐ秘訣↓↓
posted by 申告マニア at 16:00| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

所得税の納付方法

●納付方法
基本的に3月15日が納付期限です。
納付書に必要事項を記入し、銀行、郵便局などの金融機関や税務署に持っていって納税します。
納付の方法として、振替納税または延納を選ぶこともできます。

*納付書は税務署や金融機関に置いてあり、送られてくることはありません。

●振替納税
金融機関の口座から自動振替で納税します。引き落としは4月の中旬頃になりますが、残高不足などで引き落としできない場合は延滞税がかかります。

振替納税するには、税務署に用意されている振替納税依頼書に必要事項を記入して郵送します。

*一度振替納税にすると翌年以降も継続して自動振替されます。

●延納
3月15日までに納税額の1/2以上を納めれば、残りは5月31日までに納めればよい、という制度です。ただし3月15日を過ぎて納める分については利子税がかかります。延納を選択する場合は、申告書の「延納の届出」の欄に延納する金額を記入して提出します。

 ↓↓アフィリエイトで稼ぐ秘訣↓↓
posted by 申告マニア at 15:59| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくある質問

●青色申告に必要な帳簿書類と保存期間

*正規の簿記で記帳した帳簿
年末に決算書(貸借対照表と損益計算書)を作成できるような正規の簿記(複式簿記)に基づく帳簿

*簡易帳簿
現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費明細帳、固定資産台帳

また上記の帳簿書類および決算関係書類は、7年間(一定のものは5年間)保存しなければなりません。

●事業専従者とは

@納税者と生計を一にする配偶者その他の親族である
Aその年の12月31日現在で年齢が15歳以上である
Bその年を通じて6カ月を超える期間、納税者の経営する事業に専ら従事している

以上を条件を満たす人の事をいいます。

●現金主義と発生主義

アフィリエイトの場合、支払元ASPからの入金があった日で考えるのを現金主義といい、報酬金額が確定した日で考えるのを発生主義といいます。

例、A8の場合だと1月1日〜31日までの報酬金額が1月31日に確定します。発生主義の場合、この確定した日を売り上げとしますが、現金主義の場合、実際に入金される3月15日を売り上げ日として考えます。

*青色申告の場合は原則発生主義となります。

●副業が会社にばれないための方法は

住民税の支払いを「普通徴収(自分で支払う)」にチェックしておけばバレないようですが、保障はしません(笑)

 ↓↓アフィリエイトで稼ぐ秘訣↓↓
posted by 申告マニア at 15:59| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。