2012年01月01日

白色申告と青色申告

開業届を提出して個人事業主になった人の確定申告には以下の3つの方法があります。

@白色申告
A青色申告(10万円控除)
B青色申告(65万円控除)

ここでの控除とは収入-必要経費-基礎控除(38万円)-(10or65万円控除)となります。

例えば収入が200万円で、必要経費10万円だったとしたら200万円-10万円-38万円=152万円が所得になります。なので白色申告の場合だと152円が課税所得金額になりますが、65万円控除の場合だと152万円−65万円=87万円が課税所得金額になります。

なのでBの青色申告(65万円控除)が一番税金が安くなるってわけです。

じゃあなんで、みんな青色申告(65万円控除)にしないのか?

それは、Bの青色申告(65万円控除)を受けるには、確定申告書の他に複式簿記による記帳、貸借対照表、損益計算書、領収書等などを提出しなければなりません。なので、初めての方には正直面倒なことだと思います。今後も継続的に収入があるのであれば、面倒でも65万円控除で申告した方がいいです。自分では無理と言う方はやよいの青色申告12を使ってみてください。

@白色申告では、単式簿記での簡単な記帳でOKなので、特に苦労することなく申告できると思います。その代わり、青色事業専従者給与とか純損失の繰り越しとかの青色特権が使えません。

A青色申告(10万円控除)でも、白色と同じ単式簿記での記帳方式で申告できます。しかも、10万円の青色申告控除の他に青色事業専従者給与や赤字の繰り越しなどの特権も使えるので、面倒な申告は嫌だけど税金はなるべく安くしたい人はこの青色10万円控除で申告するといいでしょう。

*青色申告する場合は開業する時に所得税の青色申告承認申請書という書類を提出する必要があります。

*青色申告承認申請書の届け出には
1月1日〜1月15日までに開業⇒その年の3月15日まで
1月16日以降に開業⇒開業日から2ヶ月以内という制限がありますので注意してください。

*白色申告から青色申告に切り替える場合は、青色申告の承認を受けようとする年の3月15日まで。

 ↓↓アフィリエイトで稼ぐ秘訣↓↓


posted by 申告マニア at 16:00| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。